ブログ

Wikipediaさんから引用すると、

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教(そらとぶスパゲッティ・モンスターきょう、英語: Pastafarianism, Flying Spaghetti Monsterism, FSMism)は、ボビー・ヘンダーソンが、「インテリジェント・デザイン説」を公教育に持ち込むことを批判するために創始したパロディ宗教英語版)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E9%A3%9B%E3%81%B6%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%95%99

で、その画像が、

ま、こんな感じで傍から見るとかなりヤバそうな宗教なのですが、この宗教にはちゃんと「ID説を批判する」という目的があるので、一概に「草w」とは言えなさそうです。

ここでID説(インテリジェント・デザイン説)の説明をWikipediaにしてもらうと、

インテリジェント・デザイン: intelligent design)とは、「知性ある何か」によって生命宇宙の精妙なシステム設計されたとする思想。「説」と呼ばれるほどの科学的根拠には乏しいが、しばしばIDID説と略される。またIDを信仰する人物をIDer(インテリジェント・デザイナー)と呼ぶ[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3

まあ、こんなことを学校で教えてもらいたくはないよな~というのが正直なところです。むしろ教えてもらうならID説を教えるかどうかの論争の歴史についてがいいですね。それすらも教えて欲しくはないですが。

ここでちょっと思ったのが、この世界はシミュレーションであるというイーロンマスクなんかが言っていた説もID説の範疇になるのではないかということです。Wikipediaには書いていなかったので確信はできませんが多分そうだと思います。

でも僕はシミュレーション仮説に関しては、シュタゲの鳳凰院凶真が言うように「そのような議論は不毛」だと考えます。

この4次元時空(異論は認める)をシミュレーションできるくらいだったら、シミュレート元の世界は次元や物理法則がこの世界の完全上位互換的になるでしょうので、結局僕らはその世界には行くことができない。つまり無意味ということです。多分マトリックスみたいにはなってないと思います。

ということで、二重スリット実験を見てシミュレーションの証拠だ~などと言っているより、「機関に対抗し世界の支配構造を打ち砕く方法について考える方が、よっぽど有意義だ」 。

じゃ、そういうことで。

エルプサイコングルゥ

ブログ

「時間は未来から過去に流れる」

これを最初に聞いた時はそんなわけないじゃんとしか思いませんでしたが、よくよく考えたら当たり前の話でした。

どういうことかと言うと、「現在」は「未来」から来るというただそれだけのことです。

でも直観では受け入れられなかったのは、おそらく「僕らは未来に進んでいる」という意識があったからだと思います。

そこでこんな名言を思い出しました。

鶏が道路を渡ったのか、道路が鶏を渡ったのかは、あなたの基準系次第である。

Albert Einstein

つまりこの名言の鶏が人間もしくは三次元空間で、道路が時間ということです。

道路(時間)を基準にすれば鶏(人間)が渡った(進んだ)ことになり、鶏(人間)を基準にすれば道路(時間)が渡った(流れた)ことになります。

と、ここまで書いてきましたが、ちょっと調べてみるとこの名言は実はアインシュタインが言った言葉ではないことが分かりました。

「Why Did the Chicken Cross the Road?」という命題に著名人ならどう答えるかというジョークだそうです。なので元ネタはhttp://www.whydidthechickencrosstheroad.com/このサイトです。

という訳でちゃんと英語で載せておきます。

Whether the chicken crossed the road or the road moved beneath the chicken depends upon your point of view.

http://www.whydidthechickencrosstheroad.com/scientific.htm

ちなみにこの名言が日本で広まったのはおそらくこのサイトが原因です。僕もこのサイトで知りました。INTP型の性格のページで、アインシュタインがINTP型のため載せてあるようです。

そんじゃこの辺で。

Tschüss!