アニメ「僕だけがいない街」の感想(ネタバレなし)

今回はアニメ「僕だけがいない街」の感想を書きたいと思います。

結論から言うと、このアニメはかなりオススメです。

アニメの概要を説明しますと、タイムリープサスペンスのジャンルに入るアニメです。主人公はリバイバルと呼ばれる、何か「悪い事」が起こる直前まで時が巻き戻される現象に悩まされています。そしてそのリバイバルによって物語が進展するわけですが、物語展開が続きが気になるようなものになっているのです。

で、感想ですが、ハラハラドキドキに謎解きもあって、ついつい見入ってしまうような面白いアニメだと思いました。第一話からそうで、もはや一話を見たら二話を見ないことはできないのではというような展開です。結果僕は12話分を一気見してしまいました。

あと、シリアスな場面だけでなくちょっと笑える場面もあってそこも良かったです。サスペンスと言うと身構えてしまう人もいるかもしれませんが、シリアスがずっと続くということではないので安心してください。

それと、タイムリープに頼りすぎないストーリーというのも良かったです。同じタイムリープものの中には完全にタイムリープを主軸にしているものもありますが、この作品の場合は主軸というほどには頼っておらず、他の部分(ハラハラドキドキなど)もあってそこも楽しめました。

では総合評価を100点満点で出しますと、95点です(Steins;Gateは120点)。

VODの無料期間を使えばタダで見れるので、もし興味をもったら見てはいかがでしょうか。例えばU-NEXTなら31日間無料で映画、ドラマ、アニメが見放題です。もちろん「僕だけがいない街」も無料で見ることができます。しかもアニメだけでなく映画版もみれます。

次回予告:アニメ「Angel Beats!」の感想。「僕だけがいない街」ほどではありませんが、それなりに面白かったです。